社会保険労務士「転職」TOP
社労士の転職
「社労士の転職」その前に
人事・労務の一員として
社労士業務の全体像
法律会計事務所へアプローチ
社労士の適性
独立・開業という選択肢
必要なのは経験?それとも・・・
「資格で食べていく」ということ
社労士の試験対策
試験の合格率・難易度
独学をお薦めしない理由
通学講座・通信講座
メディア学習のススメ

社労士の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

<詳細はこちら>
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

<詳細はこちら>
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

<詳細はこちら>

独学だけはお薦めしない理由はこうです

独学をお薦めしない理由

社会保険労務士にかぎらず、資格を取得するための勉強法には、「独学」「通学講座」「通信講座」の3つがあります。このうちのどの学習スタイルを選ぶかについては、みなさんにもそれぞれのお考えがあるかと思いますが、私からの提案はこうです。

仕事を離れ休職者の身ぶんで勉強をするなら「通学」か「通信講座」。
いまの仕事を続けながら勉強するなら「通信講座」。
どのような立場であれ、独学だけはあまりお薦めしません。

社会保険労務士の試験は、独学で簡単に合格できるような試験ではありません。
休職して勉強される方なら不可能とは申し上げませんが、そうであっても不効率であることは否めません。

いまのみなさんにとって最も大切なのは、1回の受験で確実に合格することではないですか?独学ではなぜ不効率なのか、なぜ通信講座や通学をお薦めするのか、簡潔に述べてみようと思います。

独学では扱う情報量が圧倒的に多くなります。

管理人は、独学用の市販のテキストでは合格できないと言っているのではありません。市販のテキストを使った勉強では、通信や通学での学習に比べ、圧倒的に膨大な情報量を扱う必要があることをわかっていただきたいのです。

理由はシンプルです。教室等で講師が話して解説する内容が、独学では、市販のテキストでは、テキストに文字で書き込まれているからです。しかしこの文字による解説がなくては、法令の知識をスムーズに解釈することはできません。法令の定義だけが示されていて、その背景が語られていないテキストでは、初学者の方にはまったく理解ができないからです。

だから教えてもらう必要があります。それを講師から教わるのが通信と通学で、テキストを読んで本から教わるのが独学ということです。
独学は決して効率ではないという理由は、このことに尽きます。
特に社会保険労務士のように試験範囲が膨大な資格に、あえて独学で臨むのは、私には無謀にしか思えません。

通学や通信には、もちろん受講料がかかります。
しかしながら、それにより貴重な1年、もしくは2年という歳月をムダにしなくて済みます。次のページでは、通学と通信講座の特長について解説していますので、ぜひ読み進めてみてください。