社会保険労務士「転職」TOP
社労士の転職
「社労士の転職」その前に
人事・労務の一員として
社労士業務の全体像
法律会計事務所へアプローチ
社労士の適性
独立・開業という選択肢
必要なのは経験?それとも・・・
「資格で食べていく」ということ
社労士の試験対策
試験の合格率・難易度
独学をお薦めしない理由
通学講座・通信講座
メディア学習のススメ

社労士の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

<詳細はこちら>
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

<詳細はこちら>
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

<詳細はこちら>

ベンチャー企業の社労士(人事・労務)には、幅広い活躍の場があります。

人事・労務の一員として

このページでは、勤務社労士の一般的な仕事風景を紹介してみます。
社労士に求められる役割は、その会社が成長さなかにあるベンチャー企業か、それとも上場企業のように歴史や規模のある企業かによっても変わってきます。

社内で手続き処理が必要な社会保険のボリュームなどを考えると、大手企業ほど求人案件が豊富という傾向はあります。ただし、すでにお話ししたよう「社労士は人事の一員」という考え方をしますと、伸び盛りのベンチャー企業ではたらく方が、より多様に自身を成長させやすいのも事実です。

一般的に企業の人事部では、人事(採用・教育等)と労務(勤怠管理・給与計算、社会保険管理)にスタッフが分かれて業務を行っています。社労士が担当するのは主に後者の労務業務です。

そして大手企業の社会保険労務士は、まさしくこの勤怠管理・給与計算、社会保険管理等に終始する傾向があります。しかしながら経験年数等によっては、社労士の有資格者がこれらの業務をマネジメントする立場に立ち、実作業は派遣社員等でまかなっているケースも少なくありません。

これに対して、成長過程のベンチャー企業で社労士が担当する業務には、ご本人の意欲次第で多様に広がります。もちろん当初は、社会保険の手続きや給与計算などの実務を担当します。しかしそれらの実務は、その会社の社員知ること、その会社の風土や文化を知るための助走期間であったりします。

大企業に比べると人事部が少人数で運営されているためもあり、ベンチャー企業の人事部では、一人のスタッフが兼任で多くの業務を掛け持ち、もしくは部内でのジョブローテーションのケースが目立ちます。

ベンチャー企業の社労士は、採用業務(新卒・中途)、人材育成、制度設計・運営、労務管理など、つまるところ、企業の人に関する業務のすべてに関わるチャンスがあるのです。

『社労士はどんな仕事をする人』と尋ねたとしたら、世の中一般のイメージとしては、社会保険の加入・給付の手続きなど、いわゆる1号・2号業務の印象が圧倒的に大きいかもしれません。しかしながら、人材採用や企業内教育そして制度設計などの、いわゆる3号のコンサルティング業務の方が、実は裾野はずっと広いのです。

社会保険労務士としてではなく、
人事部の労務を広くサポートする一員として自分をとらえ直すと、社労士の活躍できるフィールドはグンと広がります。
バックオフィス(人事部)の一員として、部のメンバーで協力し合って会社を成長させたい方にこそ、私は社労士の資格取得をお薦めしたいと思います。