社会保険労務士「転職」TOP
社労士の転職
「社労士の転職」その前に
人事・労務の一員として
社労士業務の全体像
法律会計事務所へアプローチ
社労士の適性
独立・開業という選択肢
必要なのは経験?それとも・・・
「資格で食べていく」ということ
社労士の試験対策
試験の合格率・難易度
独学をお薦めしない理由
通学講座・通信講座
メディア学習のススメ

社労士の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

<詳細はこちら>
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

<詳細はこちら>
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

<詳細はこちら>

「生涯勉強」の覚悟をもつ

「資格で食べていく」ということ

本サイトを訪れた皆さんにひとつ、覚えておいていただきたいことがあります。
それは、社会保険労務士として就職するにしても、もしくは独立するにしても、それは「通常の会社員とは異なる働き方を選んだ」ということをしっかりと認識する必要があるということです。
唐突にそんなことを言っても、「それって一体どういうこと?」と思われてしまうかもしれません。ですが、「資格を活かして働く」ということは「その道の専門家として“知識”で食べていく」ことに他なりません。よって、プロとしての自覚をもって日々、精進すべきであることはもっとも強調しておくべき点であると言えます。


「自覚をもって」とか「専門家として」とかと言うと、どうも仰々しいような感じがしてしまいますが、決して難しいことではありません。
ここでお伝えしたいことは、アナタがいずれ社会保険労務士として就職や独立を果たされた後にも「常に学び続けて欲しい」、ということだけです。
資格を活かして働く以上は士業の一員として、実務上のノウハウ習得はもちろんのこと、法改正に伴う知識のブラッシュアップについても常に心がけるべきでしょう。
言葉で言うのは簡単ですが、長年こうした姿勢を保つには努力を要すもの。つまり、相当の覚悟が必要であることは言うまでもありません。


・・・と、こんな風に書いてしまうと、社会保険労務士への就職や独立がずいぶん高いハードルに感じられてしまうかもしれませんね。
ですが、実際には受験勉強のときのように「孤軍奮闘」「皆がライバル」といったことではなく、同業の仲間と共にスキルアップを目指せる場というのは数多く提供されます。
よって、思い切ってこの世界に飛び込んだ後は、専門家としての自覚は持ちつつ、楽しみながらその道を進んでいかれるのが良いかな、と感じます。