社会保険労務士「転職」TOP
社労士の転職
「社労士の転職」その前に
人事・労務の一員として
社労士業務の全体像
法律会計事務所へアプローチ
社労士の適性
独立・開業という選択肢
必要なのは経験?それとも・・・
「資格で食べていく」ということ
社労士の試験対策
試験の合格率・難易度
独学をお薦めしない理由
通学講座・通信講座
メディア学習のススメ

社労士の通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

<詳細はこちら>
【No.2】クレアール
多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。

<詳細はこちら>
【No.3】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

<詳細はこちら>

経験以上に求められる「営業力」

必要なのは経験?それとも・・・

本サイトのテーマでもある社会保険労務士の就職、さらには前ページでご紹介したように独立開業を考える上で、両者に共通して求められる「スキル」があります。
一般的なイメージとしては「そんなの簡単、やっぱり実務経験でしょ」といった感が否めませんが、それは正解ではありません。
確かに、資格だけで実務をこなすことはほぼ不可能であり、それなりの経験があって初めて仕事が成立することは言うまでもないことです。
ですが、社会保険労務士として就職する上で、そもそも経験ばかりを求められるのであれば、新参者はいつまで経っても新たな世界に足を踏み入れることが出来ないことになってしまいます。社会保険労務士は確かにある種の専門職であると言えるものの、そこまでシビアな世界ではありません。


実務上必要な経験は後付けで養っていくとして、未経験者が社会保険労務士としての就職を目指す上で求められる最大のスキルといえば、やはり「営業力」でしょう。
よほどの大手事務所でない限り、社会保険労務士事務所はいつでも業務の傍ら、営業活動に勤しんでいるもの。しかしながら、行政や事務方の出身が多い社会保険労務士というのは、総じて営業のノウハウに乏しい場合が大半です。
そういった意味で即戦力になれる人材は、おそらくどんな事務所でも重宝されることでしょう。
一見、社会保険労務士の就職活動にはさほど関係のないスキルであると思われがちですが、充分なアピール要素になります。
また、「営業力」は独立開業をする上でも必須のスキルであると言えます。
つまり、社会保険労務士として働く上では、いずれの場合においても求められる能力であることに相違ないのです。


今現在「実務経験がないから」と、社会保険労務士の就職や開業を頭から諦めるようであれば、それは実にもったいないことです。
多少なりとも営業に自信があれば、もしくはこれから一生懸命やっていくつもりがあれば、それは大きな強みになるでしょう。